DX

DXが再び脚光を浴びている理由

DXが脚光を浴びている利用の1つは、経済産業省が指摘しているように、既存のレガシーシステムの延長では企業の成長に限界が見えているからです。既存のシステムは、多くの場合はオンプレミス型のシステムです。いくら使い慣れているシステムとはいえ、そのままの機能を使い続けるにしてもメンテナンス費の負担が続き、機能を拡張しようと思えばコストを膨大にかけなくてはなりません。一方で、クラウドやIoTなどのデジタル技術は急速に進化しており、自社にすべてを持つことなく、比較的安価にシステムが構築できる環境になっています。まさに今、これらの技術を活用して、変革を起こすシステムを考える時期に来ているといえます。

デジタル化 vs DX

従来のデジタル化とDXとは、本質的に大きな違いがあります。過去において、デジタイゼーション(Digitization)からデジタライゼーション(Digitalization)へIT業界のマーケットはシフトしてきておりますが、DXというのはデジタライゼーションの次のフェーズと捉えることができます。オリジナルのデジタルトランスフォーメーションの定義は、(経産省)

「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること

「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」

とされており、単なるIT化からずいぶん拡張された概念であります。
言い換えると、例えば、社内で行っている業務にクラウドのG-driveやG-meet、Slack, PM toolなどのツールなどを導入の先にDXという段階が来るわけです。

主要な企業のDXへの取り組み(CMビデオ紹介)

ここでは、日本を代表する主要なIT企業のDXへの取り組みCMビデオを紹介いたします。

NECと富士通のWeb site より

NECが描く5Gとその先の未来 「5G. A Future Beyond Imagination.」 [NEC公式]
【DX】DX企業への変革に向けた取り組みに関する説明会

DXを成功させる

実際の企業の中にはいってみると、それらが現実の人間社会からかなりかけ離れていることを実感すると思われます。様々なハードルを超えてDXを実行するためには、トップの強力なリーダーシップと、目に見える成果につなげていくというコミットメントが重要です。ただ、担当者に最新のテクノロジーを導入させるだけではなく、業務の進め方や意思決定の仕方、そしてコミュニケーションそのものを変えていくことが、DXの成功には必要なわけです。ところが、長年にわたって築かれた組織はそう簡単に変わるものではありません。そのためには、DXをまずトップに正しく理解してもらい、そして中長期的にそのお客様と問題に取り組み、泥臭い部分を含めて全てを支援することが重要と考えます。その過程では様々な課題を客観的な視点から見て、適切なアドバイスや対応を行い、一緒に乗り越えていくことができるかどうかがキーとなります。